アロマケア

眠れない夜にアロマのぬくもりを

リラックスする香り 「毛呂山産夏みかん」

忙しい日々や、考え事がつきない夜、なかなか眠れないときってありますよね。

考え事が多かったり、心配ごとが多いときも眠れないことがあります。

交感神経が優位になってしまって、副交感神経が上手く働いてくれないと神経過敏になったり、不眠になったりします。

不眠は日中の活動に支障が出たり、疲れやすくなったり、免疫力が落ちたり、自律神経のバランスが崩れてくることにもなります。

そういうときにはぜひ、アロマの香りで心や頭の中をリセットしてみてください。

気持ちを切り替える事を考えながら、好きなアロマを焚いてみます。ティッシュに垂らすだけでも構いません。

枕元に置いて、布団に入り、ゆっくり目を閉じて、身体の力をぜーんぶ抜きます。

身体が布団の下に沈んでいく感覚をイメージしてみてください。

そして、深く深呼吸します。

香りを肺の奥いっぱいに吸い込みます。

これをゆっくり繰り返します。

息を吐くときに副交感神経が働くので、吐くことをゆっくりと行うといいです。

香りは脳へ直接働きかけます。

リラックス効果の高いラベンダーやスイートオレンジ、harbalstyleの夏みかんのアロマなど、優しいリラックスできる香を薫らせると良いと思います。

それでもやはり考え事や、不安なことがあるときにはなかなか眠れないかもしれませんが、

少しでも副交感神経が優位になることを行ってみてください。

気持ちが落ち着くきっかけになってくると思います。

気持ちを切り替えて、眠れるようになることを願って。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です