未分類

補完代替療法は看護学校の教科書や資料にも取り入れられています。

私の行なっている補完代替療法は看護学校の授業でも取り上げられます。

西洋医学を受けながらも、補助的目的で行うケア。

もしくは、予防的に、健康の維持促進に行うのがこの補完代替療法です。

澄香では、その人その人の体の状態に合わせたアロマケアを行っています。

だから、今日はやらない方がいいね。と判断すれば、アロマトリートメントは行わずに、その人にとって一番いい形でアロマセラピーを提供しています。

肌が弱い方に関しては、合うオイル、合わないオイルがありますので、パッチテスト用にお渡しして、

後日来ていただく場合もあります。

こんなめんどくさい。と思わず、医療現場では当たり前。

安全にケアを行うためのこれもケア。

補完代替療法は、受ける方ご本人の最善の形で、自分の治癒力を高めていくことが重要です。

無理にアロマトリートメントを行い、逆に悪化する場合もあります。

ですから、恥ずかしいと思わずに、今飲んでいる薬や、治療しているものがあれば教えていただきたいです。

その中で、どんなケアが一番いいかを考えていきたいからです。

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること

だからこそ、澄香ではその人のための補完代替療法に取り組みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA