• アロマケア,  自然療法

    2020年6月18日より木曜日の日中のみ再開します!

    なかなか世の中が落ち着かない状況ですが、

    as*isは、6月18日木曜日から日中のみ再開します。

    また、第2派が来ると言われていますので、状況を見てまだ再開を見合わせることもありますのでご了承ください。

    どうしてもと言う方のみ、随時お受けいたします。

  • 未分類

    メンタルを強くする方法

    朝から、

    あー、今日はあの会議がある。嫌だなぁ。

    今日はあれやらなくちゃ。はぁ。

    ってこと、よくありませんか?

    こんなネガティブな感情が実はメンタルを弱くしていることに繋がってるんですって。

    私もこれ聞いたときびっくりしました。

    だって、メンタルと何の関係があるのかわからなかったから。

    人って、ネガティブな感情が入ると、やる気がなくなったり、やりたくなくなったり、できないと思って自信がなくなったりしちゃんうですよね。

    だから、こういう感情もあまり持たない方がいいんです。

    もし、本当に憂鬱なことが予定されていたらどうしたらいいのか。

    その中でも自分がどうしたらいい方の選択をとれるか、この案件をやることで自分に起こるメリットは何かを考えるのがいいと思います。

    また、そのときに一緒に、

    ラベンダーの香で心を穏やかにして、

    自分の力を信じて前向きに考えていける柑橘系のアロマ(グレープフルーツ精油、マンダリンオレンジ精油など)を薫らせるといいと思います。

    さあ、今日からネガティブ思考を朝から考えるのはやめて、自分が楽しいと思うことを選んでみると言う一日を過ごしてみましょうか!

  • 未分類

    今日は自分が楽しいなと思う事を選んでみよう!

    誰かに合わせるんじゃなくて、
    自分がやりたいと思ったことをする。

    これ、子供が小さかったときはなかなかできないからストレスになったりしたけど、

    今はできるようになったなー。

    子供が小さいときには
    子供とやったら私は何が楽しくなるかなって考えてやってたかな

    とにかくいろんな所に出掛けたり。

    何かを作ったり。

    エゴになってた時もきっとあるだろうけど。

    この間あるタレントさんがいいこと言ってたな✨

    男性は、子育てを『手伝う』んじゃなくて、『一緒に愛をもって育てて』いかないと、
    おいてけぼりな感じしないですか❔って。

    自粛で家にいて、ずっといられるとイライラするとか聞くけど、
    ずっといてくれた方が助かるな!
    ってお互いが思えるようにするのも
    『自分が楽しいなと思える方を選ぶ』
    ってことになっていくんだと思うのね。

    今日はいくつ楽しいなと思える方を選べたかなーって寝る前に考えてみるのもものすごく楽しくなる一つ。

    メンタルが鍛えられる一つの手段にもなるからぜひやってみて下さい!

  • アロマケア

    アロマセラピーってそもそもなぁに?

    アロマセラピーとは植物から抽出された精油(エッセンシャルオイル)を用いた自然療法の一種である。

    植物には、香りがあり、その香りには薬理作用をもつ芳香成分があります。

    薬草などをイメージしてもらうと分かりやすいとおもいますが、

    薬理作用には化学成分があり、

    これを使って身体や精神の不調を改善し、

    恒常性(生きていくためのバランス)を保ち、

    正常な健康を取り戻すものです。

    as*isのアロマセラピーは、緩める事に着目して、ストレスでガチガチな心や身体をゆるめて、

    柔軟に動けるようなトリートメントを行います。

  • アロマケア

    ゆるーりリラックス

    ゆるゆるリラックスしてもらうためには静かな中でもライトの明るさもやっぱりじわーっとしてる方がいいかなーと、

    ふんわりとした明かりにしてます。

    音楽はゆるーい音楽。

    来てもらった時には完全に力を抜いてもらいたいのでゆるゆるにします。

  • 健康

    何でもないのになぜ痛む?

    痛みは、色んな個所に起こります。

    痛みがもともと感じられない「先天性無痛覚症」の方もいます。

    痛みの感じる痛覚、これはヒヤッとする感覚の冷覚と同じなんです。

    そして、このヒヤッとする感覚は、麻酔を打った後には最後まで残ります。

    この痛みと言う感覚。

    痛いと生活の質、QOLが下がります。

    痛くて動く気がしない、動けない、痛みのせいでやる気が起きない。

    という所まで追い込まれます。

    痛みには、

    ・侵害受容性疼痛

    ・神経障害性疼痛

    ・心因性疼痛

    があります。

    この中でも、検査をしても何の原因もない痛みを心因性疼痛と言います。

    これは、ストレスや、疲れ、心が疲れていて体に出てきている状態です。

    腰痛や肩こり、首の痛みなど、

    何故か分からないけど痛い。

    これが心因性疼痛です。

    心因性疼痛の場合、メンタルケアが重要になってきます。

    メンタルケアと言うと重たい感じがしますが、

    リラックスする時間を作ることとか。

    自分の体や心を休める時間を作って心の緊張感を取ってあげてみるだけでいいと思います。

    アロマを使ってリラックスしたい場合は、

    自分の好きな香りをお部屋に焚いて、静かに本を読んだり、映画を見たり、

    他のおすすめは林の中を歩く。こと。

    なので、サイプレス・ヒノキ・ジュニパーなどの精油もおすすめです。

    アロマトリートメントの時に、このアロマオイルを使うことはかなり有効となってきますね!

    どこかに痛みがあって、心因性ではないか?

    原因は検査したけど分からない。

    なんてことがあったら、アロマを使ってみてはいかがでしょうか?

    何でもないのになぜ痛む? はコメントを受け付けていません
  • 活動

    ときがわで再始動です!

    ホームページのリニューアルと共に、鶴ヶ島市からときがわの自宅に舞い戻りました。

    鶴ヶ島に来てくださっていた方にはご迷惑をおかけします。本当にすみません。

    正直、今回のコロナの影響もあり、鶴ヶ島での存続が難しくなりました。

    また、今は埼玉県は非常事態宣言が解除となっていないこともあり、

    トリートメントはお休み中です。

    ときたませっけんは販売します。

    その他、アロマ製品の販売も行っていますので、

    セルフケアや、ご自宅でのアロマでストレスケアができるアドバイスも行っています。

    ZOOMやお電話にて無料相談も承っています。

    自粛中に疲れてしまった方も、ぜひご利用ください。

  • 健康

    軽い運動をした時と同じ効果のあるアロマトリートメントがもたらす体の変化

    +CAREで行うアロマトリートメントやスポーツアロママッサージは、
    約60分から90分かけてじっくりと行います。

    その為に、軽い運動を行ったときの様な状態になります。

    終わった後は、スッキリ感、ふわふわした感じ、など人それぞれ様々ですが、

    なかなか60分~90分の継続した軽い運動をすることが難しいのではないかと思います。

    また、ベッドに寝ながら、しっかりと血流を上げ、リンパの流れもアップし、

    老廃物を流し、筋肉をほぐしてくれることはrelaxationにもつながります。

    その感じは、体にとてもいい影響を及ぼしています。

    リラクゼーション効果は、副交感神経優位になりますので、ストレスや緊張を和らげて、体の細胞や神経の働きを正常に戻します。

    これが、ホメオスタシスの安定につながります。

    また、脳の働きにも違いが出ます。

    緊張やストレスにより、アドレナリンなどが多く出てしまうとこう感神経優位になりますので、不眠などの原因にもなります。

    不眠になると、脳の働きが弱り、ここぞという時にしっかりとした考えが出なかったり、頭痛の原因になったり、少しのことで怒りやすくなったりします。

    アロマの香りやトリートメントで緊張をほぐすことで、そのような状態から解放されます。

    すると、自分らしさを取り戻し、正常な判断ができるようにもなるわけです。

    また、不眠でお困りの方も、心が落ち着くと良く眠れるようになります。

    睡眠薬に頼らないようにするために少しの運動を取り入れることで、薬が無くても眠れるようになったという方がいます。

    アロマトリートメントや、スポーツアロママッサージは、この様に少しの運動の状態に加えて、セラピストの手でしっかりとオイルをなじませていくので、『手当て』を行うことで優しくケアされている状態でもあります。

    人の体は、色んな不調の原因がこの軽い運動をすることによって解決していく事が本当に多いです。

    身体や脳、心の状態を安定させるためにも

    ぜひアロマトリートメントやスポーツアロママッサージを受けてみてください。

  • 健康

    ストレスの影響で心と身体はどう変化するのか?

    今日はストレスについてお話します。

    ストレスには良いストレスと悪いストレスがあるのをご存じでしょうか?

    ストレス=悪い

    と思っていませんか??

    実は、良いストレスもあります。

    身体は、ストレスを与えないとどんどん鈍感になっていき、

    何も考えられない、何も対応できないようになっていきます。

    また、少しのストレスや、自分に意味のある負荷をかけるストレスは体にとってとてもいいとされています。

    ストレスと、体の恒常性(ホメオスタシス)の関係性がとても深く、

    前回ブログにした自律神経の話と繋がる部分があります。

    実は、寒冷・暑熱、外傷と言った物理的因子や出血や心身の苦痛、過激な運動など、体に負荷がかかると、

    1.副腎皮質の肥大

    2.胸腺などリンパ組織の萎縮

    3.胃・十二指腸内壁の出血、潰瘍

    それから、

    体重減少・体温調節の異常・血液濃度の変化などが現れることをセリエと言う方が発見しています。

    これはどういうことかと言うと、

    ストレスによって、自律神経が乱れることでホルモンバランスが乱れ、消化管活動も影響を及ぼすと言う事です。

    このような体の症状が出るまでには、身体が耐えられなくなるまでの段階を踏んでいます。

    まず、ストレスがかかっていると、全身に変化が出始める時期があります。

    このストレスがかかる原因になるものがストレッサーと言います。

    このストレッサーが自分自身に降りかかったとき。

    例えば、

    怖い上司がいたとします。

    その上司にある時仕事のことで怒鳴られ、怒られました。

    すると、まず、自分の体の異変が起きます。

    心臓がバクバクしたり、頭が真っ白になったり、血の気がサーっと引くような感じがしたりすることがあると思います。

    その後、少し落ち着くと思いますが、また怒られたらどうしようと、上司の反応に警戒したり、ちょっとのことで過敏に感じたりすることがあるのは、

    警告反応期と言って、ストレッサーの刺激を受けた時に起こる反応です。

    その後、身体は怒られたことに対して耐えられるように頑張っています。

    この時には少し落ち着いています。

    先ほど挙げた副腎皮質の肥大でホルモンがたくさん分泌されていて、抵抗力をつけています。

    この時期が抵抗期。

    人はこの抵抗期までは自分で解決できます。

    この後、疲弊期に入ってしまうと、自分の力では解決できない状態になってしまいます。

    それがうつ等につながります。

    今、新型ウィルスの報道の多さ、死者もたくさん出ている中で、

    自粛や感染予防など、今までに考えられなかった事態になってきています。

    すでにテレビを見ていると

    自分がかかった気になってしまう、気持ちが落ち込む、神経が過敏になっている、血圧が上がっているなどの方が増えています。

    これはストレッサーが今回の出来事と言うことになります。

    なので、実際に今ストレスを抱えている方はとてもたくさん増えていることでしょう。

    ストレスが続くことで、ホメオスタシスのバランスが崩れやすくなり、

    感染症にかかりやすくなったり、癌にり患しやすくなるといった研究結果も出ています。

    どうか、ストレスだと思っている状態から少しでも解放される時間を作ってください。

    その時間にアロマテラピーを取り入れいてもらえたら、かなり有効的だと思います。

    まずは免疫力アップのアロマで、瞑想にもいい

    フランキンセンスを焚いて、コーヒーを飲みながら静かに読書をしてみたり、

    しばらくテレビをつけずに、インターネットからも離れ、自分の体と向き合う時間を作ってみてはいかがでしょうか。

    身体を整えることは、免疫力アップにつながります。

    免疫力が上がることが、感染症予防にも効果的です。

    アズイズ+CAREでは、緊急事態宣言は出ていますが、

    ご希望があればアロマトリートメントも行います。

    また、ご家庭でできるアロマケアもアドバイスしています。

    香りのもたらすrelaxation効果を使って、ぜひ体と心を整えて、

    ご自身のホメオスタシス維持につとめてみてはいかがでしょうか?

  • 健康

    自律神経が乱れてますね。ってどういうこと?

    アロマの世界でよく言われていること、

    「自律神経の乱れを整える」

    自律神経が乱れてるって、どうしてわかるのか。

    だって、自分で「自律神経が乱れてるな~」とか分かりますか?

    私は鈍感だからか自分の自律神経が整っているのか、乱れているのか分かりません。

    例えば、今日は自律神経が整っていて調子がいい!とか、

    あ、今日は自律神経が乱れてるな。調子が悪い。

    なんて思わないと思うんですよね。

    それはなぜか。

    自律神経とは、体の恒常性(ホメオスタシス)の維持に関与している基本的な活動に必要な神経系のこと。

    交感神経と副交感神経があるのはご存じかと思いますが、

    交感神経は活動、副交感神経は休息、と覚えてもらうと簡単かなと思います。

    そういった神経系を自律神経系と言いますが、

    自律神経と言うのは、不随意的、無意識な制御になるので、自分の意識していないときに働いています。

    分かりやすい自律神経の働きには体温調節があります。

    自分の意識で体温が上がったり下がったりすることがないので、よくわかると思いますが、気温が上昇すると皮膚が暑いと感じます。すると、視床下部の体温調節中枢から交感神経が働き、発汗し、放熱、体温調節を行うというこの一連の流れがホメオスタシス維持ということになります。

    そして、自律神経が乱れた時の症状としては、

    ・立ちくらみ・脈拍異常・体重減少・月経異常・眼球、口内乾燥などといった症状が起こります。

    しかし、例えば体重減少をとっても、

    最近体重が減ったな。どうしたんだろう。食事量が減ったかな?いや、そうでもないな。癌かな?それとも他の病気かな?

    と、まず自律神経の乱れだなと感じる事が第一選択上がることがなかなか少ないのではないかと思います。

    月経異常も、ストレスか、子宮の病気か、ホルモンが乱れてるのかな?と、

    いう所から、自律神経の乱れにつながるといった感じになるのではないでしょうか。

    体調不良を感じ、検査してもどこも異常がない。となって、自律神経が乱れているからかもしれない。となったら、原因を探っていく。

    もしそれがストレスからきているならば、

    アロマセラピーで緩和できることがあります。

    香り療法は、心を落ち着かせ、香りの働きによって神経系も落ち着かせたり、アロマの種類によっては気持ちを上げてくれるものもあります。

    ストレスによる自律神経の乱れがあるのならば、

    瞑想にも向いている

    フランキンセンスやローズウッド、エレミなど、

    眠る前にラベンダーを使うとリラックスできると有名ですが、そこにスィートオレンジを加えることでリラクゼーション効果が高まり、落ち着かせてくれることにプラスしてゆったりとした優しい気持ちにさせてくれる効果をもたらしてくれます。

    また、自律神経の乱れは、神経が過敏になってしまっていることも多々あるので、アロマトリートメントによる手当ても有効になってきます。

    セラピストの手が触れているととても安心感をもたらしてくれます。

    自律神経の働きを少し理解してみると、なぜアロマセラピーが有効なのか、繋がってくると思います。

    もし、今の体の不調が自律神経からくるものであるならば、アロマセラピーはとてもおすすめです。