おすすめの一冊

  • おすすめの一冊

    嫌われる勇気

    アドラー心理学、嫌われる勇気を長男が薦めてくれたので読んでみました。

    この本、もっと早く知りたかった!!

    今まで色んな自己啓発本読んできたけど、こんなに奥が深い内容だったなんて。

    今まで辛いこととか、悩んでることとかあると色んな自己啓発、心理学とかの本を読んできたけど、アドラーさん。

    これは深すぎます。

    嫌われる勇気とは、自分を生きること。

    自分を生きる、自立する。

    自立の発想が完全に違うの。自立って自分で稼いだお金で暮らしていることが自立とは言わないんだって。

    自分を生きる=自立すること の解釈の間違い。

    縦に考えるのではなく、人間関係は横に考える。皆平等。

    どんな人でも尊敬する。それが子供でも大人でも。

    何か問題が起きてもそれは自分の課題と相手の課題は違うから、相手の課題に入り込まないようにする。そして自分の課題にも入り込ませないようにする。

    これを自分はできていなかったと考えた時に、うわぁ!と思いました。

    共依存ということにはならないように気をつけていたけれど、
    ここまできっぱり領域を分けたほうがよかったとは。

    怒鳴る、罵声を浴びせる、暴力をする。などの行為は一つの道具であって
    その道具を使って支配しているだけ。

    支配って。。。確かになぁ。

    アドラー心理学はこれから一生私のバイブルになるな!!(>*<)

    じぶんでしっかり実行して、色んな面でアドラー精神取り入れていきたいと思います。

    こんなアドラーの哲学を知ったばかりの私が何を言っても全然響かないですが、
    ぜひ一度読んでもらいたい本です。