つらい肩の痛みを軽くする

アロマケア

肩の痛みって頭痛を引き起こしたり、ヒドイと吐き気とか血圧が上がったりしてしまう原因にもなりますね。

肩こりだったり、怪我だったり、仕事の状態だったり。

痛みが起こる原因はいろいろありますが、もう痛くなってしまったらどうしようもない。

どんなにストレッチしても、湿布貼っても、あまり良くならない。

そんな時に使うのが痛み止め。

痛みどめって飲み続けるとどうなるの?

痛み止め(ロキ○ニン)なんて飲み続けると、本当に腎臓悪くします。

腎臓って二つあるけど、腎臓機能が悪くなっても治す薬ってないんですよ。

だから、腎臓が悪くなると、血液を濾過する機能が落ちるってことです。

血液を濾過する機能が落ちると、体に不要なものが体に残る。

ということは。最終的には人工透析ですね。

もう1つ有名なのがボル○レン

こちらは飲み続けると十二指腸潰瘍ができることがあります。

ロキ○ニンも空腹で飲むと胃潰瘍できるので必ず何か食べてから飲んでくださいね。

薬に頼りたくないあなたにスポーツアロママッサージ

腎臓、いつまでも大切にしたいし、あんまり薬に頼りたくない。

そんな方には本当におすすめ。

それがスポーツアロママッサージ。

エッセンシャルオイル(アロマオイル)で痛みにアプローチするとしたら、

手に入りやすいものだと

・ローズマリー

・ラベンダー

辺りがお手頃かなあと思います。

そして、エッセンシャルオイル(アロマオイル)は、アロマオイル専門店で購入したものでないとお肌につけれないので注意してくださいね!

そして、原液での塗布は肌の細胞を傷つけてしまう恐れがあるから気をつけて!

キャリアオイルと言われている肌につけていいオイル

・オリーブオイル

・スィートアーモンドオイル

・ホホバオイル

などのオイルに、エッセンシャルオイルを入れて薄めて使うのがベスト。

目安は体に使う時にはキャリアオイル5mlにエッセンシャルオイル1〜3滴。

そのくらい薄めて使っていきます。

塗ってもみほぐしたり、手で筋肉を感じるところでオイルが滑るのを利用してちょっと痛気持ちいところでなでなでしてみてください。

そんな風に使うのがアロマの使い方です。

でも、自分でやるのには限界ある〜!なんとかしてほしい!

という方は澄香のスポーツアロママッサージへどうぞ〜♪

肩こりや肩の痛みを予防するには?

さてさて、肩こりや肩の痛み、どうしたら予防できるのか。

まずは姿勢。結構常に緊張状態で肩に力入っていませんか?

一回見直してみてください。気づくと肩に力入っている方沢山います。

実は私もその一人。

気づいたらふっと力を抜いて、肩で動作するんじゃなくて、丹田に意識向けます。

丹田はお臍の下あたり。そこに意識を持っていってみてください。

それから、巻き肩。

スマホ見てたり、パソコンずっとやってたり。

だんだん肩が内巻きになってきちゃうから意識して胸を天井から吊るされてる感じに意識して胸を張ると内巻きも少し良くなってくると思いますよ。

日々のちょっとしたことが積み重なって良くも悪くもなってきますからね!

スポーツアロママッサージを受けたクライアントさんの肩の状態

原因不明の肩の痛みのクライアントさんの肩の状態は巻き肩で、右肩が痛いと言っていました。

肩には凝りがありましたが、これといって原因も見当たらず。

肩が痛いって言ってても、実は原因が肩にない場合もあるので、全身ケアします。

肩甲骨もよく出るけど、皮膚が血行が悪そうな感じがしました。痛みのある部分だけ皮膚の触った感じが違う。

使ったエッセンシャルオイルは

・lavender vera

・ravinsara

・bergamot

なかなかいい香りに仕上がりました。ラビンサラがもっと強調されてしまうかと思いきや、ラベンダーwinner!!でした。

好きな香りですよ。

って私が満足してる場合じゃないですね。

もちろんクライアントさんも「うん!いつも嗅ぐいい匂い。」って言ってくれましたよ。

そして結果は、

終わった後、曲げると痛かった首が曲がる!

またまた、次の日、「痛みが治ってる!」

と教えてくれました。

スポーツアロママッサージ優勝です!笑

いや、来てくれて本当にありがとうございます。

痛みはしばらくするとまた出てくるかもしれないので、定期的に受けてもらえるといいのかなと思いますが、無理にとは言いません。

また痛くなったら。いつでも来てくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました